HOME>ホットトピックス>保証人なしで賃貸契約するのに便利なシステム

目次

保証人なしでも賃貸物件が借りられる

賃貸物件を借りる時は保証人が必要となる場合が多いですが、条件を満たす人が周りにいないことがあります。賃貸保証会社は、連帯保証人の代わりになってくれるので、誰も保証人になってくれる人がいなくても家が借りられます。また、収入が不安定だったり、定職についていない人は賃貸物件の審査に通らないことが多いですが、賃貸保証会社が後ろ盾になってくれると、きちんと保証してくれるバックグラウンドがあるので審査にも通りやすくなります。ただし、賃貸保証会社に保証料を支払わなければなりません。

敷金が減額されることがある

賃貸物件を借りる時は敷金・礼金が必要となりますが、賃貸保証会社を利用すると敷金が減額されることがあります。賃貸保証会社が原状回復を保証する場合、大家さんは前もって多くの敷金をプールしておく必要がなくなります。通常は3ヶ月分の敷金を徴収しますが、賃貸保証会社が後ろ盾になってくれると1ヶ月分の敷金で済むことがあります。賃貸処方会社を利用することは、初期費用を安くできるメリットがあります。しかし、家賃を滞納した場合に賃貸保証会社が立て替えてくれたら、返済する義務はあるので滞納などはしないようにしましょう

広告募集中